なぜ食べないの?

ワンちゃんは毎日ドッグフードを食べているけど、あまり好きそうじゃないと感じたことはありませんか。そして夕食のときに飼い主がちょっとだけ与えたステーキを食べた次の日、とうとうドッグフードに目もくれなくなったなんていう経験はないでしょうか。もちろんまたいずれ、嫌々でもドッグフードを食べるようになることがほとんどですが、なぜワンちゃんはドッグフードを好きになれないのでしょう。

そこには高タンパク質ドッグフードでないということも関係しているのです。例えばお肉など少し食べてしまうと、もうそのお肉の味が忘れられません。それはワンちゃんが肉食動物だからなのです。人間のペットとして歴史が長く、雑食と思われているワンちゃんたちですが実は肉食動物。だから本来野菜や穀物など食べません。それほどワンちゃんの体にはタンパク質が重要なのです。

でも一般のドッグフードは価格も激安のものもいっぱいあり、穀物類がとても多く含まれているものも。また、肉と言ってもどのような部位か分からないような怪しい肉類がほとんど。そんなドッグフードをワンちゃんがおいしいと思うわけはないのです。その上、人間の食べるお肉を食べてしまったら、もう安い質の悪いドッグフードなんて振り向きたくないのも当然。だからこそ、ワンちゃんにはワンちゃんのために良い、高タンパク質ドッグフードを与えたいものです。

ラム肉について

ワンちゃんは本来肉食動物であって雑食動物ではありません。そのため雑食をしても体のためにはタンパク質の高い、質の良いドッグフードが必要です。そして高タンパク質ドッグフードにはチキンやラム肉が多いと言われていますが、これらはアレルギーも起こしにくく高タンパク低脂肪だからおすすめ。そんなラム肉のメリットやデメリットを考えてみましょう。

チキンにアレルギーを持っているワンちゃんも少ないとは言っても、現実には存在しています。そこでまずチキン肉にアレルギーを持っているワンちゃんはラム肉がおすすめです。またラム肉は消化が良いという特徴があるので、シニア犬や幼犬にもおすすめ。また便にトラブルのあるワンちゃんも胃腸が弱いことが多く、ラム肉がおすすめと言われています。

しかしデメリットとしては、少し味に癖があるのでチキンに慣れているワンちゃんは、ラム肉が好きになれないという場合も。特に好き嫌いが激しいワンちゃんの場合は慣れるまで時間がかかってしまうこともあります。好きな味のドッグフードと混ぜて、少しずつ割合を増やしていくという方法も良いのではないでしょうか。また消化が良いのでうんちの量が少なくなることもあり、飼い主は心配してしまうこともありますが、まったく心配ありません。

ドッグフードは高タンパクで

ドッグフードはなんと言ってもタンパク質が重要だとも言われていますが、それは一体なぜなのでしょう。さまざまな書物やブログなどにも、ドッグフードはタンパク質が重要であると書かれています。その理由をしっかり理解すると、ワンちゃんのためにも高タンパク質のドッグフードを選ぶべきだということが分かるはずです。

わたしたちはワンちゃんというと、何でも食べる雑食というイメージがあります。もちろんほとんど人間の食べるものは食べられます。しかし本来は肉食動物なのです。穀物や野菜を食べる動物ではありません。しかしペットとして飼われるようになって長い歴史の中で、残飯を与えるようになって雑食と思われるようになったのです。しかし実際には炭水化物などの穀物類は苦手な動物。そのため穀物(グレイン)によってアレルギーを起こすワンちゃんも多く、グレインフリーのドッグフードが勧められています。つまり高タンパク質のドッグフードこそ、本来ワンちゃんのためにはベストだということになるのです。

また材料の肉の種類としてはラムやチキンがベスト。その理由はアレルギーが出にくいことや、脂肪分が少なく高タンパク質なので肥満対策にもなり、消化も良いからと言われています。特におすすめはお肉がドッグフードの半分は占めているものを選びたいものです。もちろん80%以上の高級ドッグフードもありますが、少なくとも50%を切らないドッグフードを選びましょう。そして低炭水化物、高タンパク質のドッグフードを選ぶようにしたいものです。